中小企業の内部統制

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小さい会社でも、内部統制は必要?

内部統制というと、一部上場企業に適用され、中小企業は関係ないと思っている人も多いと思います。

しかし、規模の大小に関わらず、会社として事業運営をしていく中では、「内部統制」は必須事項だといえます。
内部統制という言葉を知らなくても、自然と内部統制が取れているのが、以外にも中小企業なのですから。

中小企業の内部統制

大企業のように、ITを整備したり、多くの資金を必要とする内部統制は構築しにくいものです。
しかし、内部統制を定義している米国トレッドウェイ委員会組織委員会(COSO)のレポートによれば、内部統制とは

内部統制は、以下に分類される目的を達成するために、
合理的な保証を提供することを意図した、取締役会、経営者およびそのほかの職員によって遂行される1つのプロセスである。
・業務の有効性・効率性
・財務諸表の信頼性
・関連法規の遵守

と定義されています。

そうした部分は、中小企業の場合、ほとんどが経営者自身が行っており、会社全体に目配りをしています。
会社規模が小さいだけに、社長一人が目を光らせているだけでも、十分「内部統制」の機能を果たしているのが、中小企業の強みなのです。

経営者がやるべき内部統制

中小企業において、経営者がやるべき内部統制は、以下のようなものがあります。

●セルフコントロールのできる会社組織を作る。

・経営理念を社員に周知徹底する。
・従業員の教育を徹底し、不祥事を未然に防ぐ。
・業務に集中できる職場環境を作る。

●不正や問題を未然に防ぐ。

・経営数値に強くなり、業績予測と実績がかけ離れることのないようにする。
・従業員の行動パターンを把握し、問題を未然に防ぐようにする。

●経営者が実際の業務内容を把握する。

・会計データなどの業務処理を定期的にレビューする。
・経営者が会社全体の動きを把握していることを社員に分からせる。(ミスの抑止力になる)
・社内のホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)を徹底し、業務を把握する。

内部統制を会社の仕組みに

中小企業の内部統制は、経営者(社長)が実施することで十分対応できます。
しかし、日常業務をきちんと整理し、仕組みとして構築することで、経営者が意識しなくても、自然に内部統制が運用されることになります。

そのポイントは・・・

●業務規定・マニュアルの整備
・業務の平準化
・ミスを未然に防ぐ

●承認システムの整備
・経費処理などを個人に任せずに、必ず上司の承認を得るようにする。
・業務処理を複数の人間でチェック、承認するようにする。

●分業の実施
・一人に業務が集中すると、不祥事の温床になる。
・業務プロセスを細分化し、複数のスタッフで業務を行う。

●定期的な人事異動
・時期を定め、人事異動を行う。
・一つの業務を、長期間特定の人間が担当することのないようにする。

上記の事は、聞けば当たり前のように思いますが、案外、中小企業では仕組みとして動かせていないところも多いものです。
しっかりとしたルールを設定することで、業務を効率化させ、ミスを事前に防ぎ、不祥事の温床を断つことができるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする