J-SOX法とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2008年から導入される「J-SOX法」

平成18年(2006年)6月7日、金融商品取引法が成立し、新たな内部統制のルールとして「J-SOX(日本版SOX法)」が実施されることになりました。
この法律はすべての上場企業に適用されます。
J-SOXの導入は、平成20年(2008年)4月1日以降に開始されることになります。

そもそも、J-SOX法とは?

J-SOX法(日本版SOX法)。日本版というからには、元になるSOX法というのがあって当然ですが、そもそもどんな法律なのでしょうか?
SOX法は、アメリカで制定された法律で、エンロン事件をきっかけに、企業の内部統制の重要性が再認識され、それが企業改革法として制定されました。
ポール・サーベンス上院議員とマイケル・G・オクスリート下院議員の名前で法律を提出したことから、SOX法(サーベンス・オクスレー法)と呼ばれています。
そこには、以下の事項が義務付けられています。

●財務報告に係る内部統制の有効性を評価した「内部統制報告書」
の作成
●公認会計士などによる内部統制監査を受けること

このアメリカの制度が「SOX法」と呼ばれている関係で、日本でも内部統制に関する法律(金融商品取引法)が、J-SOX法(日本版SOX法)と呼ばれているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする