企業の社会的責任(CSR)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

企業の社会的責任とは?

企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)とは、企業は社会的な存在として、市民や地域、社会の要請に応え、社会貢献や配慮、情報公開や対話などに取り組む、バランスの取れたアプローチという考えです。
社会が豊かになるにつれ、企業に求められるものは、より高次元の社会的責任を持ち、社会的評価や信頼性の向上を図ることが求められています。

そのためには、「経済面」「社会面」「環境面」の3つの側面(トリプルボトムライン)のバランスを取って経営を行う必要があります。

このように、今後の企業に求められるものは、高い倫理観に支えられた、社会的責任を果たしていくという活動なのです。

CSR経営によって、持続的な発展を

CSR(社会的責任)を重視した経営とは、企業のためだけではなく、企業活動そのものが社会で必要不可欠な存在になり、社会に受け入れられながら、継続的な成長を図るという経営手法です。
最近では、株式市場や格付機関が企業評価の尺度としてCSRの視点を取り入ます。
単に「自分だけが儲かればよい」のではなく、利害関係者(ステークホルダー)の利益も考えつつ、CSR経営を行うことがポイントです。

主なCSR活動としては、以下のようなものがあります。

●地球環境への配慮・・・リサイクルの推進、エコ商品の開発、
植林など
●誠実な消費者対応・・・自社の利益よりも、消費者の利益を優先させる
●個人情報保護
●ボランティア活動支援
●地域社会参加や、地域貢献
●安全や環境に配慮した職場環境づくり

CSRの実践で顧客満足を

成熟社会、情報化社会になった現代では、消費者は自ら情報を仕入れ、非常に目が肥えています。
また、品質へのこだわりや、企業そのものに対する評価も厳しくなるなど、消費者主体の経営活動が求められています。
こうした中で、顧客満足を得て、継続的な発展をしていくためには、CSR経営を取り入れる必要があります。
製品やサービスを提供するまでのサイクルの中で、しっかりとした品質管理を行ったり、情報管理を行ったり、法令を遵守するなど、社会的責任を重視することで、顧客に選ばれる会社になれるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする